08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

天然の断熱材

2008.07.28 (Mon)

亜麻の繊維は断熱材としても利用されるそうです。

建物の天井の根太や梁の断熱や、保温性のため壁や床の断熱に使われる詰め物になるそうです。

天然素材のため、素材そのものが「呼吸している」ので、凝縮してしまう危険や湿気によるトラブルがあまりないそうです。

スポンサーサイト
00:00  |  生活用品としての利用  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

リノリウムも...

2008.06.02 (Mon)

建材のリノリウム(linoleum)の名前は、ラテン語のlinum(アマ)とoleum油(亜麻仁油)に由来するそうです。

この名前の通り、リノリウムは亜麻仁油から作られます。

亜麻仁油に酸素を付加して濃縮し、粉コルクや木の粉末を混ぜ、石灰か石灰岩を加えて練り合わせる。それをジュート製の裏打ち布の上にプレスすることで丈夫で柔軟なリノリウムができあがるそうです。

一時はプラスチックのフローリングが多く使われていましたが、健康と環境への配慮から最近はリノリウムの利用が復活しているようです。



23:02  |  生活用品としての利用  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

印刷インクにも使われる亜麻仁油

2008.06.01 (Sun)

本、新聞や雑誌などの印刷に使うインクに、植物の素材である大豆が利用されている表示を見かけることが多いですよね。
ちょっとした印刷された紙や袋にそういう表示があると、この会社はそういうものを使っているんだ!って思います。

植物由来のインクは石油からつくられるインクと違って環境問題になりません。

大豆インクのように工業用の亜麻仁油は植物由来のインクとしてリトグラフに使われるのに適していて、使われているそうです。

亜麻仁油は比較的乾燥がはやく、製品を色あせにくくし丈夫にする特徴があるおんぷっぷ

それが生かされているのですね。




23:33  |  生活用品としての利用  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

亜麻の実とアート

2008.05.30 (Fri)

亜麻の実を砕いてできる油は、オメガ3が多く含まれるため、健康にいい食材として利用されているかたもたくさんいらっしゃると思います。

ネットで少し調べただけでも、たくさんのショップがでてきますね。

この油は芸術家の使う絵の具にとっても大切な成分の一つです。
おそらく、油絵をされていらっしゃるかたは、すでにご存知だと思いますが...。リンシードオイル。
学生のころに油絵を少し描いていたのですが、そのころ、そういえば使った記憶があるなぁと思い出しました。

もちろん、絵の具に使う亜麻仁油は工業用のものになりますが、古くから色素を溶かす基材として使われています。

また、亜麻仁油は油絵のキャンバスの表面で絵の具の色素をしっかりと固定する働きをします。

絵の具の乾燥速度をかえたり、艶を増したり、塗りやすい粘度にすることで、色の質を高める重要な添加物としても使われているそうです。

油絵の具に欠かせない最高の油としても利用されているお役立ち植物です絵文字名を入力してください
22:07  |  生活用品としての利用  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。