08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

亜麻布・聖骸布

2009.11.01 (Sun)

聖書にも記述があるように亜麻はとても古くから栽培されていた植物で、イエスの時代に遺体を包んだ布は亜麻からつくられたものでした。

その亜麻布で作られた聖骸布の写真展が大阪で初めて行われています。

大阪の玉造に大阪カテドラル聖マリア大聖堂があるのですが、そこでの開催。

東京には東京カテドラル聖マリア大聖堂がありますが、こちらにはルルドの洞窟が再現されているということで行ったことが一度ありますが、とても静かで心落ち着く場所でした。

同じように大阪の大聖堂も坂を上ったところにある静かな場所にあり良い場所での貴重な写真展だなぁと思いました。
    サンタマリア大聖堂

今回はたまたま立ち寄ったら写真展が開催されていて、珍しい展示を見る事ができて幸いでしたが、到着したときに、調布から来阪されているガエタノ・コンプリ神父の講演が始まるところで、運よくお話をお伺いすることができました。

聖骸布の歴史や、どのように扱われていたのか、科学的な検証をした後に偽物ではないのかといった話がでたことなど、ご自身が研究されてきたお話をプロジェクターを使ってしてくださいました。

聖骸布をうつした写真がこちら。一枚の布の半分だけのネガとポジの状態です。
      聖骸布

原寸大の展示もありましたが、4m半の写真はとても迫力がありました。

亜麻布の再現もされていて、こちらは手で触れることもでき、亜麻布の柔らかな手触りを楽しめます。

   復元された亜麻布

なかなか見れない展示ですので、お近くの方は是非足をお運びください。
ガエタノ神父さまも沢山の方に見て頂きたいとおっしゃっていました。

展示は11月3日火曜日までです。

場所:大阪カテドラル聖マリア大聖堂
    TEL : 06-6941-2332

スポンサーサイト

タグ : 聖骸布, 亜麻布

00:00  |  リネン繊維  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

亜麻繊維

2008.06.14 (Sat)

先史時代からスイスや北ヨーロッパで亜麻が盛んに使用されていましたが、リネン製造はフランスやベルギーで発展したそうです。

9世紀に、フランク王国のカール大帝はフランドルにあるいくつかの町を亜麻織物の中心地として発展させ、中世後期まで、ヨーロッパ繊維のほとんどはウールと亜麻の混紡だったそうです。

また、リネンはキリスト教聖職者が身につけるものであり死者をおおうものとして規定されていたので、たいていのヨーロッパの僧院は亜麻を栽培されていました。

18世紀半ばになり、リネン労働者がベルギー、フランスからアイルランドに移住し、それとともに亜麻織物の中心もアイルランドに移り、さらにその中の人が北アメリカに移住し亜麻織物の技術がアメリカに広まったそうです。そうして、亜麻と羊毛を使った織物は北アメリカの主要衣類材料となりました。


現在、衣装材料としてつかわれている木綿が亜麻にとって代わったのは19世紀になってからのことだそうです。

23:13  |  リネン繊維  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

麻と呼ばれている繊維の種類

2008.06.08 (Sun)

フラックスシードのことを調べているときに、フラックスの茎からできる布はリネンだとわかりました。
麻と亜麻はどうちがうの?とか思ったんですね。

それで、調べてみると日本で麻とひとくくりにされているものの中には

☆ 亜麻
☆ 大麻
☆ ラミー
☆ ジュート
☆ そのほか

と沢山あるのでした。

日本国内で流通する布で”麻”という表示が許されているのは リネンとラミーの2つだけだそうです。

最近、フラックスと同じように健康にいいといわれている大麻からとれる油は、ヘンプオイルです。こちらも、αリノレン酸が含まれていて身体によさそうですね晴れ




22:44  |  リネン繊維  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

旧約聖書の中の亜麻(flax)

2008.06.03 (Tue)

亜麻(Flax)が古くから使われていたことは旧約聖書の中に亜麻がでてくる事でもわかります。

旧約聖書のヨシュア記2章6節にでてくるお話し

有名なモーセのあとを継いだヨシュアが、エリコの町を攻め入る前に偵察を送りますが、この斥候がエリコの町のラハブという女の家に泊まりました。怪しい二人連れがラハブの宿に泊まっていることに気づいたエリコの王が家来を送り、二人を知らないかとラハブにたずねます。

このとき、ラハブが二人を自分の家の屋上に上げ、亜麻の茎の中に隠す...というところが旧約聖書にあるんですね。

旧約聖書の時代にも、糸をとるために乾燥してある刈り取った亜麻を屋上に保存していたと出てくるところ、生活に密着していたのですね。



22:16  |  リネン繊維  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

エジプト人と亜麻布

2008.05.31 (Sat)

昔からエジプト人は亜麻の衣服を身につけていたようで、現在わかっている最古の衣服は、紀元前2500年の亜麻のシャツやドレスだそうです。

死体を包むときも亜麻布を利用してたそうですよ。

そうやって大昔から、リネンは地中海沿岸の生活に密着して活用されていたようです。

エジプト人が好んで使っていた亜麻の手触りのよさや品質のよさは、ギリシャやローマ人にも認められないわけがなく...取り入れられ、利用されるようになっていったそうです。
23:23  |  リネン繊維  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。